シノハラ歯科医院

お気軽にご相談ください!
無料診断会はこちら

理想的な朝ごはんとは⁉️

皆さん、こんにちは🎵

歯科衛生士の町田です❗️

 

6月も後半…あと、1ヶ月もすれば子供たちは夏休み✨

親としては時間をもて余してしまうのをどう解決するか‼️笑

皆さん‼️良いスポットやアイデアがあれば是非教えてください‼️

そんな今日は小学生のお子様を持つ方に向けてのコラム『朝ごはん』を書きたいと思います。

我が家にも小学1年生の息子がいますが、性格的にノンビリ屋さん。

あまり急かしたくはないのですが、特に朝は時間に終われ『早く‼️』の連呼です💦

朝から時間がないと、支度や朝食が大変ですよね。

特に大人の方は支度優先で朝食は二の次なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

朝食は『食生活の大黒柱』1日の活動への活力です。

今年の夏も暑くなりそうなので、ご自身の朝ごはんに自信がない方も、これを機に朝ごはんを見直してみてはいかがでしょうか。

朝ごはんの必要性

夕食でとったエネルギーは寝ている間に全て使われてしまい、朝には残っていません。

そのため、朝ごはんを食べないと午前中脳の活動に必要なエネルギーである糖質(ブドウ糖)が足らなくなってしまいます。

脳は、体重の2%に過ぎませんが、基礎代謝量の2割ものエネルギーを消費します。

午前中、元気に活動するためには先ず、エネルギー源となる主食(ご飯やパン)を食べる必要があります。

と言っても、毎日朝ごはん食べている。でも内容が菓子パンやヨーグルトやプリンだけ、果物だけという偏った朝ごはんになっていることも………

理想的な朝ごはんとは⁉️

☆ 温かい飲み物があること

☆ ご飯やパン等の主食を食べること

☆ 卵や豆類、乳製品などタンパク質のおかずを食べること

☆ 野菜や果物でビタミン、ミネラルをプラスすること

 

子供の頃の朝食習慣がしっかりできていると大人になってもリズムが出来ているため、朝食摂取頻度が高く、良好である事が分かっているそうです。

朝ごはんのポイントは

① まずは食べる習慣をつける

忙しい朝は手の込んだメニューでなくても構わない。ご飯やパン等の主食+卵や野菜等のおかずを基本形に。

慣れてきたら、栄養バランスについても考えたメニューで👌

 

② 毎日決まった時間に食べる

同じ時間に食べることでお腹が空くリズムができます。

 

③ 誰かと一緒に食べる

誰かと食べることで幸せホルモンと言われている“オキシトシン”が出ます。コミュニケーションをとりながら絆をが芽生えます。

また、挨拶や箸の使い方、食事の作法等も教える機会にもなります。

 

いきなりは難しくても、無理なく少しずつ始めて見てくださいね‼️