シノハラ歯科医院

お気軽にご相談ください!
無料診断会はこちら

熱中症を予防するために

皆さん、こんにちは。

歯科衛生士の町田です❗️

 

連日の猛暑で体調を崩されたりしてませんでしょうか⁉️

毎年のように温暖化で猛暑、酷暑なんて言われていますが…先日も悲しいことに1年生の子が日射病(これは熱中症でもかなり重症な時に使うそうです。)で亡くなってしまいました。

また、西日本での災害でも、未だ見つかっていない方がいたり、家が浸水し避難所生活を余儀なくされたり…皆さん深い悲しみ中、復旧に向けて暑い中片付けをされている映像を目にしますが、ボランティアの方も含め熱中症になりませんように願うばかりです。

被災された方、また支えている方に心からお見舞い申し上げます。

 

今日は『熱中症』について書きたいと思います。

熱中症のメカニズム

身体の中では、いつも熱が作られいて、熱を外に逃がすことで36~37度に保たれています。

暑い場所で強い日差しや照り返しを受けること、運動で身体を活発に動かすことで夏場では体温が上がりやすくなります。

体温が上がると身体の表面(皮膚の下)に流れる血液の量が増えて、体内の熱を外に逃がしやすくなります。

その際、脳に対して十分な血液が送られず、酸欠状態になり、めまいや立ちくらみを起こしたり、意識を失う場合があります。

また、体温上がると汗をかいて熱を外に逃がします。

多量の汗をかくと体内の水分と塩分が失われるため充分に補給されないと脱水状態になります。

脱水状態が続くと全身倦怠感や、悪心、嘔吐、頭痛などの症状が見られるようになります。

熱中症を予防するためのポイント

☆ こまめな水分補給

熱中症予防の水分補給には0.1~0.2%の塩分わ含んだ飲料を摂ることがオススメ❗️

一度に大量の水分補給をすると、かえって体内の電解質バランスを崩して体調不良わ引き起こしてしまう場合があります。飲む量は、かいた汗の量を目安にして、こまめに補給しましょう。

 

☆ 気温&湿度に気を付けよう❗️

屋内の場合は、日差しを遮ったり風通しを良くしましょう。

また、扇風機やエアコンも上手に使い気温&湿度を下げましょう。

 

☆ 身に付けるものを工夫しよう

麻や綿などの通気性の良い衣服、下着には吸水性、速乾性に優れた素材を選んだり、帽子や日傘で直射日光から身を守りましょう。

 

☆ 冷却グッズを使おう

冷却シートや、スカーフ、氷枕など冷却グッズを使用することで、首もと等の太い血管が身体の表面近くを通る所を冷やすと効率よく身体を冷やす事ができます。

 

まだまだ暑い日が続きそうなので、少しでも身体に優しい、そして快適に過ごせるように皆さんもやってみてくださいね。