シノハラ歯科医院

お気軽にご相談ください!
無料診断会はこちら

減塩について

皆さん、おはようございます🎵

歯科衛生士の町田です。

 

今年は酷暑に加え、台風も多いですね。

 

朝晩は少しずつ過ごしやすくなってきましたが、まだまだ日中は暑いので体調管理にお気をつけくださいね。

 

今日は前回の高血圧のところで食事について、更に深くお伝えしたく…減塩です。

高血圧の診断基準

生活習慣病は、栄養、運動、休養、喫煙、飲酒、歯の健康の6本の柱と言われています。

どれも大切なことですが、その中でも、栄養(食事)は生きていく上で必要なものです。

日頃の食事で、これはまずいな…と言うものがあれば是非、見直して健康寿命の延伸に繋げましょう❗️

 

〔高血圧の診断基準〕

 

日本では、 2014年に、改定した日本高血圧学会による、日本人の体と食生活や生活習慣を考慮して定めた『高血圧治療ガイドライン2014』が高血圧の診断基準となっています。

 

《診療室血圧》

 

最高血圧・・・140㎜Hg以上

 

最低血圧・・・90㎜Hg以上

 

《家庭血圧》

 

最高血圧・・・135㎜Hg以上

 

最低血圧・・・85㎜Hg以上

 

※最高血圧、最低血圧、一方でも基準値を越えていれば、高血圧となります。

 

※家庭血圧は、安心した状態で血圧測定するので、診療室血圧よりそれぞれ5㎜低くなります。

ココから変えよう!

血圧をコントロールするには、食生活をはじめとした生活習慣の修正を行うことが大切です❗️

 

◆減塩・・食塩の1日の摂取量

 

男性 8g未満

女性 7g未満を目標に!

 

◆野菜と果物・・野菜や果物には多く含まれているカリウムを取り、ナトリウムの排泄を促します。

 

◆肥満解消・・標準目標はBMI値22です

 

BMI=体重÷身長÷身長です。

 

◆適度な運動・・無理なく、楽しみながら運動を習慣化しましょう。

 

◆飲酒・・過度な飲酒は、血圧の上昇させるため飲酒量を減らす!休肝日を作る!

 

◆禁煙・・ニコチンなどの有害物質が決あを人口させる作用があるため、禁煙は必須です❗️

減塩のポイント

高血圧対策は、まずは減塩から!

日頃の食生活を見直して減塩生活を送ろう!!

 

1、出汁を効かせる。

 

昆布や鰹節、干し椎茸などの濃いめのだし汁を使って、塩分をすくなくする。

 

2、 風味や香ばしさを。

 

にんにく、生姜などの香味野菜、とうがらしやこしょうなどの香りや辛味、焼き味などの香ばしさを生かす。

 

3、酸味を利用する。

 

酢、レモン、ゆずなど爽やかな酸味を使う。

 

4、味にメリハリをつける。

 

わ1品にしっかり味付けをし、他は薄味にすると満足◎

 

5、汁物は具だくさんに!

 

汁物に具を多くし、汁の量(調味料)を減らす。

 

6、味付けは食べる前に。

 

少なめの塩分で調理し、食べるときに味付け。

 

★食塩1gに相当する調味料の目安量★

 

薄口醤油・・・小さじ1

濃口醤油・・・小さじ1強

甘味噌・・・大さじ1強

中農ソース・・・大さじ1弱

ケチャップ・・・大さじ2

マヨネーズ・・・大さじ4半

 

調味料によっても、こんなにも差があるとは私も知りませんでした。

また、あまり調味料に頼らず、野菜などは素材そのものの味を楽しんでも良いかも知れませんね‼️

皆さんも、出来ることから少しずつ取り組んで見てくださいね🎵