シノハラ歯科医院

お気軽にご相談ください!
無料診断会はこちら

口腔内細菌が全身へ及ぼす影響について

皆さん、毎日寒い日が続いていますが、体調を崩したりはしていないでしょうか?

歯科衛生士の町田です。

 

 先日の大雪で、まだ路肩には雪が凍って足下の悪い中、今日は滋賀県で技工士をされている上田さんが当医院に健康セミナーをしに来て下さいました! …

 

何故、技工士さんが健康セミナーを?!と思った方もいると思います。 上田さんは歯科技工士である傍ら歯科医師、歯科衛生士向けのセミナーで講義をしています。 

 

歯科では、噛めることはもちろん、一生自身の歯で食事がとれることにどうしたら良いか?

 

と言う内容から、お口の中の細菌が口のみならず全身へ及ぼす影響等を御教授してくれるのです。 

 

私も過去参加したセミナーで何回か講義を受けさせて頂いていますが、いつも更新された内容をお話ししてくださいます。

 

スタッフ全員で勉強会に参加しました!

今回は歯科医師、歯科衛生士だけでなく、アシスタントスタッフ、受付スタッフも参加いたしました。

 

日本の医療費の現状と口腔内のメンテナンスと一緒に自身で行う日々の歯磨きに追加して、マイトレーを持ち、寝る前の歯磨きの後に薬剤を入れてパックします。

 

それを行う事により細菌の再付着を抑制したり、悪い細菌の鎮静化をさせたり、サラサラ唾液優勢にします。

 

また歯原性菌血症と言って、お口の中の古い歯垢が歯の表面にいつまでも付着していると歯肉に炎症が起きて血管の中に細菌を侵入させてしまいます。

 

それが原因で、血管の中にコブを形成したり、血液の流れを悪くしてしまったりと血管までも痛める、また全身の病気となるきっかけ作りをしてしまう事に繋がるので日々の歯磨きとマイトレーでのパックが有効です。

 

それは、将来寝たきりにならないための予防!医療費も抑えることができます。私達が納めている税金の有効利用に繋がります。という講義を分かりやすくして頂きました。 

 

お口の中から全身の健康へ

待合室には歯原性菌血性関連の掲示や映像を流しておりますので、少し早めに来院していただき、ぜひご覧になってください。 

 

帰宅するとテレビでは認知症にならないために!というような趣旨の番組が放送していました。

 

毎日のようにアルツハイマー型認知症、糖尿病、高血圧症、肺炎、心臓疾患、脳血管疾患、ガン…と言うキーワードを耳にしない日はありません。

それだけ皆さんの健康に関心が集まっていると言うことですよね。 

 

私たちシノハラ歯科医院では、お口の中から全身の健康へ、自身の歯で、又は人工物であっても美味しく食事が取れるように日々診療に取り組んでおります! 

 

「治療して銀歯だらけだから〜」とか、「今更治療なんて…別に歯がなくても食べられるから!」と思っている方がいらっしゃいましたら、どうぞ一度ご来院して下さい。

 

きっと、プラスになる情報をお伝えできます。

いつまでも健康で自立した生活ができますように…

 

次回は唾液について書きます。ぜひ、お楽しみに〜。